東京都「不妊検査等助成事業」の申請方法&注意点(実体験を元に詳しく解説!)【一般不妊治療・助成金】

妊活・不妊治療が一旦落ち着いたので、東京都の不妊治療費助成金を申請することにしました。(私たちは「2021年度・2月」に不妊治療が終了したので、保険適用外でした。)その手続き方法をわかりやすく解説します。

SAYA

この記事を書いている私は 28歳 会社員、ブログでは妊活・不妊治療、妊娠について書いています。妊活・不妊治療を経て、第一子妊娠中です。自炊記録 (@tekito_na_gohan) 外食記録(@umasugita_meshiTwitterアカウント(@tokyo_to_min)

こんな人に読んでほしい記事です

●不妊治療の助成金を申請したい
●助成を受け取るまでに必要な書類を知りたい
●助成金に関する詳細を知りたい

妊活・不妊治療から妊娠まで
目次

私たちの妊活・不妊治療事情

私たち夫婦の妊活・不妊治療の詳細です。

現在の私の妊活・不妊治療の詳細

●当時27歳(1994年生まれ・夫30代後半)
●妊活チェック済(異常無)/AMHが34歳くらいでやや低め
●精液検査済(異常無

●卵管造影検査済(異常無)
●男性不妊により妊活・不妊治療開始 2021.12~
●人工授精(AIH) 2回

2回目の人工授精で妊娠

私たちが実施した妊活・不妊治療&検査

・妊活チェック(恵比寿ウィメンズクリニック)
・精液検査
・卵管造影検査
・排卵誘発剤 複数回&注射「あすか」
・人工授精2回

妊活チェックについての記事はこちらです⬇︎

東京都不妊検査等助成事業とは?

ここに詳細が載っています⬇︎(東京都公式HPより)

不妊検査等助成事業の概要

ここに書いてあることで、わかりにくいところは以下で説明していますので、ご参照ください

東京都不妊検査等助成事業」の助成要件は?

リンク: 助成の対象となる主な不妊検査及び一般不妊治療

夫婦いずれか一方が検査を受けただけでは助成対象とならない(夫婦二人で検査を受けていること)
・検査開始日における妻の年齢が40歳未満であること …etc

いくらまで・何回まで 助成金が受け取れる?(→上限5万円まで)

上限5万円まで
助成回数は夫婦1組につき、1回に限ります。

上限が5万円までなので、検査費用の総額が5万円に達した時点で申請するといいと思います。申請から受給までかなり時間がかかるので・・・(私は、3ヶ月待ってもまだ振り込まれていないです)

不妊治療助成金の対象となる治療・検査は?

助成の対象となる主な不妊検査及び一般不妊治療
・精液検査
・超音波検査
・内分泌検査
・人工授精 etc….
以下参照⬇︎

リンク:特定不妊治療(体外受精等)の助成金についてはこちら

助成対象期間(検査開始日から1年以内 etc… )

検査開始日から1年以内
検査日から一年以内でも「妊娠の判明 or 「特定不妊治療に移行した場合」は、その段階で助成対象期間は終了

申請方法は?(→郵送のみ)

・郵送のみ
郵送先:〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第一本庁舎28階
東京都福祉保健局少子社会対策部家庭支援課 検査担当

申請書類(合計4種類)

公式HPではこのように記載があります。
詳しく紹介していきます。

区役所でもらう必要書類:2種類

戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)

申請日から3か月以内に発行されたもの

②住民票の原本(※世帯別夫婦は、夫婦別で住民票を取る)

続柄が必要
マイナンバー不要
世帯が別々の夫婦は、代理で取得する場合は、結婚・同居していても、委任状が必要夫婦それぞれに住民票を取得する。

医療機関で書いてもらう必要書類:1種類

不妊検査等助成事業受診等証明書 原本

私の通院していたクリニックの場合ですが、クリニック側から助成金どうしますか?という話はなかったので、自分から聞いて依頼する必要がありました。

記入してもらうのに、費用がかかる
記入から手元に来るまである程度時間がかかる場合も。
(私のクリニックは1週間かかりました)


夫婦が別の医療機関で検査を受けた場合には、夫婦それぞれの証明書が必要
本人控としてコピーしておく

自分で印刷して記入する書類:1種類

不妊検査等医療費助成申請書

・申請者&配偶者が記入
・口座の名義は申請者のものを記入する

申請から助成金受取りまでどれくらい?

かなり時間がかかります。私自身まもなく申請から4ヶ月経過しますが、音沙汰なし。引越などの予定がある方は、特に早め早めの申請をおすすめします!

約4ヶ月
申請書類を審査の上、書類の不備等がなければ、申請受理日から概ね2か月で東京都から「承認決定通知書」を発送し、そこから約1か月後に指定口座に助成金を振り込みます。

昨年度に比べ申請件数が非常に多く、現在結果の通知までに4か月ほどお時間をいただいております。(ご夫婦のお引っ越しの状況によっては、さらにお時間をいただく場合がございます。)
ご心配をおかけし申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

まとめ

今回は『東京都の「不妊検査等助成事業」で助成金を申請』についてまとめてみました。申請期限を逃さないうちに申請しておきましょう♪

SAYA

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!
ブログでは「妊活・不妊治療・妊娠」について記事を書いています。トップページはこちらです⬇︎

Please Share!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

SAYAのアバター SAYA 運営者

渋谷在住、27才、餃子とフライドポテト、オンラインゲームのAPEXが大好きなSAYAです。自炊もほどほどにやります!結婚を機に妊活・不妊治療を始めて、現在第一子妊娠中です。

目次